愛知県のゴルフ場

笹戸CC
猿投グリーンロード枝下
評価: 3.8

温泉と渓谷の景地に恵まれた奥矢作の丘陵地に位置し高原気分の中でゴルフが楽しめます。コース全体はフラットで自然の地形を活かした戦略性豊かなレイアウトです。ビギナーから上級者まで楽しめ、女性にも人気が高く、また65歳以上女性限定のティーグランドがあります。

一鍬GC
東名高速道路春日井
評価: 3.6

プロの設計による本格的なショートコースです。軽めの丘陵コースで手軽に、しかもしっかりとした造りのコースです。

春日井CC
中央自動車道小牧東
評価: 5

丘陵コース。フラットに造成されていて距離もたっぷり。フェアウェイも広くOBもほとんどない。バンカーが大きな戦略的要素で、フェアウェイの左右やグリーン周りをガードしている。東コースはフラットで広い。が、各ホールはそれぞれにアンジュレーションを持ち、1打ごとに集中力を要求する。ミドルホールに長いホールが多く、また要所に配されたバンカーが戦略的に球趣を深めている。グリーン周りの変化にも要注意。西コースはフラットな東に比して、男性的なたくましさを感じさせる。ゆるやかな起伏があり、特にアプローチが打ち上げになることが多い。6番は通称「まむし谷」いわれる池があり、豪快な打ち下ろしが楽しめる

葵CC
東名高速道路岡崎
評価: 0

愛知県額田郡にある「葵カントリークラブ」は、1963年開場の、中部を代表する名門ゴルフコースです。岡崎から蒲郡に向かう丘陵地の地形を最大限に生かした魅力的なコースレイアウトになっています。ティグラウンドとグリーンの組み合わせによって戦略が千差万別に変化。日本のゴルフ場の中でも非常に珍しい設計となっています。メンテナンスの行き届いた距離の長いフェアウェイに、歴史のあるゴルフコースならではの大木が囲み、まるで絵画の中にいるかのような落ち着いた雰囲気で充実のプレーを楽しめます。戦略的なプレーをぜひお楽しみください。

「葵カントリークラブ」は、独立した2グリーンや2股に分かれたフェアウェイがレイアウトされており、18ホールの中に、家康コースと竹千代コースの36ホールが存在する珍しい設計となっています。豊かな樹木が並び、ドッグレッグや打ち上げや打ち下ろしなど、それぞれ戦略的で個性的なコースレイアウトになっているため、何度プレーしても新たな発見に気づかされます。アウトは月星池をめぐり2・4・7・9番がなかなかの難ホールです。インは平岩池をめぐりアウトよりアップダウンがあります。最終18番は左ドッグレッグで左右にOBがある緊張感あふれるドラマチックなホール。ショートカットに成功すればイーグルのチャンスもあります。

「葵カントリークラブ」へのアクセスはとても良好です。東名高速道路・岡崎インターチェンジから約20分で到着できるアクセスの良さも魅力の1つです。愛知県のゴルファーだけではなく、中部地方のゴルファーに長年親しまれているゴルフ場です。

犬山CC
名神高速道路小牧
評価: 4.5

気品と風格を兼ね備えた名門と呼ぶにふさわしいゴルフ場

丘陵コース。アウトは距離があり特にミドルホールが長く、ロングヒッター向き。フェアウェイの幅は広いが、大きなうねりがある。池越えは6番ショート。インはアウトに比べるとOBが多いため、曲げるとスコアを崩す。10番は長いのでスタートとしては難しい。谷越えホールも11番、12番と続き、精神面で難しいコースである。

三河CC
東名高速道路豊川
評価: 4.2

静岡カントリーグループの一つである三河カントリークラブは愛知県新城市にある、6,688ヤード1グリーン18ホールのゴルフ場です。
平成10年に開場した新設コースで、コース設計時には杉原輝男がコース監修しており、初心者から上級者までが楽しめるコースになっています。
東名高速道路豊川ICからは車で約15分、新東名高速道路浜松いなさICからは約30分の距離です。

コースは全体的にフラットで、豊かな緑に囲まれています。4つあるショートホールのうち3ホールは池とバンカーが配置されており、ボールの落としどころをしっかり見極めた正確なショットが求められます。アウトコース3番は真っ直ぐなミドルホールですが、OBエリアと2段グリーンに注意したいホールです。インコース18番はS字型で途中は打ち下ろしになり、さらにグリーン前は池とバンカーにフェアウェイが挟まれているロングコースになっています。

クラブハウスは落ち着きがあり、レストランでは愛知県ならではの味噌カツもメニューに加わっています。また、予約をしておけばパーティー用の食事コースも用意してもらえます。浴室は落ち着いた雰囲気で、プレー後はゆったりくつろぐことができます。